京都の離婚、男女問題、慰謝料、財産分与、離婚調停の相談は弁護士馬場充俊

児童扶養手当

離婚届を提出した後、児童扶養手当の申請ができます。

 

児童扶養手当は申請月によって収入認定年度が違い、また申請者の収入だけではなく、同居している両親の収入額も考慮されます。

 

養育費は児童扶養手当の申請初年度には申告する必要はありません次年度現況届の際に受け取った養育費の8割を所得として申告します。
手当の支給には所得制限があり、その所得制限も単独母子家庭の所得制限と同居している扶養義務者の所得制限があり、それぞれの所得から受給可能かどうかを自治体が判断します。

 

支給要件

次の要件のいずれかに当てはまる児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある子ども(障害等級2級以上の障害を有する場合は20歳まで))について、母、父又は養育者がその児童を監護している場合に支給されます。
なお、障害等級2級以上の障害を有する子どもを養育している場合に支給される特別児童扶養手当20歳まで支給され、児童扶養手当と併給できます。

@父母が婚姻を解消した児童
A父又は母が死亡した児童
B父又は母が一定程度の障害の状態(障害年金1級程度)にある児童
C父又は母の生死が明らかでない児童
D父又は母が1年以上遺棄している児童
E父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
F父又は母が1年以上拘禁されている児童
G婚姻によらないで生まれた児童
H棄児などで父母がいるかいないかが明らかでない児童

 

ただし、以下に該当する方は、手当を受けることができません。

@児童又は請求者が日本国内に住所を有しないとき
A請求者が公的年金(老齢福祉年金を除く。)を受けることができるとき。
B児童が父又は母の死亡について支給される公的年金を受けることができるとき。
C児童が児童福祉施設等に入所しているとき。

 

手続

認定請求書に、@請求者及び対象児童の戸籍謄本、A世帯全員の住民票、B所得証明書、C請求者名義の預金通帳、D印鑑、E申請理由によりその他添付書類(未婚の母子の調書、遺棄の調書その他)を添付し、市町村の窓口に提出する。

 

離婚が成立していない場合でも、「遺棄」という区分で児童扶養手当を受け取ることができます

「遺棄」とは、別居しており、監護していない場合です。

 

別居していても、仕送り、手紙、電話があれば「遺棄」には非該当です。

 

母の方が子供を連れて家出した場合でも、父の酒乱、暴力行為、女性関係、犯罪行為、サラ金借金、ギャンブル狂等のため、父の監護意思及び監護事実が客観的に認められず、かつ母に離婚の意思がある場合には、他の要件を満たす限り遺棄に該当すると考えられる。

 

 

児童扶養手当の注意点

非婚で出産し、ひとり親家庭として子どもを育てている場合には児童扶養手当が支給されます。
申請時には子どもの父親との交流状況を聞かれますが、事実婚状態でなければ支給されます。

 

離婚したとしても、夫婦としての共同生活を送っているという事実関係があれば偽装離婚を疑われ、児童扶養手当は支給されません。
児童扶養手当法上の事実婚の定義は、「同居あるいは、頻繁に定期的な訪問があり、かつ、定期的に生計費の補助をうけている場合」「母子が税法上の扶養親族としての取り扱いを受けている場合」となります。

 

障害年金2級が受給できるようになった時点で児童扶養手当は支給停止になります。
児童扶養手当法4条3項2号では「老齢福祉年金以外の公的年金給付を受けることができるとき」が児童扶養手当の支給停止事由になっています。
老齢年金、遺族年金を受給できるようになった場合も障害年金と同じ扱いです。障害基礎年金は平成26年4月時点で年額77万2800円ですが、障害基礎年金には子の加算があります。18歳到達年度の末日までの間の子又は1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子が加算の対象です。

 

平成23年4月から障害年金加算改善法が施行され、障害年金の加算の対象が拡大されるとともに、児童扶養手当の支給停止の運用が見直されています。
児童扶養手当の支給要件のうち「父または母が一定以上(障害年金1級程度)の障害にある児童」については、父(又は母)が障害基礎年金を受け、子の加算の対象となっている場合には、その配偶者に児童扶養手当が支給されていませんでした。
しかし、平成23年4月以降は、それぞれの児童について、児童扶養手当額が障害基礎年金の子加算額を上回る場合は、毎年その旨申請し、年金受給権者と児童の間に生計維持関係がないものとして取扱い、子加算の対象としないことで、児童扶養手当を受給できるようになりました。

関連ページ

児童育成手当
離婚問題、男女トラブルは京都の弁護士|馬場充俊にお気軽にお問い合わせください。離婚調停、慰謝料、財産分与、DV、養育費、婚姻費用、裁判例、解決事例、相談に関する情報はこちら。
児童手当
離婚問題、男女トラブルは京都の弁護士|馬場充俊にお気軽にお問い合わせください。離婚調停、慰謝料、財産分与、DV、養育費、婚姻費用、裁判例、解決事例、相談に関する情報はこちら。
生活保護
離婚問題、男女トラブルは京都の弁護士|馬場充俊にお気軽にお問い合わせください。離婚調停、慰謝料、財産分与、DV、養育費、婚姻費用、裁判例、解決事例、相談に関する情報はこちら。
就学援助制度
離婚問題、男女トラブルは京都の弁護士|馬場充俊にお気軽にお問い合わせください。離婚調停、慰謝料、財産分与、DV、養育費、婚姻費用、裁判例、解決事例、相談に関する情報はこちら。
公営住宅への優先入居
離婚問題、男女トラブルは京都の弁護士|馬場充俊にお気軽にお問い合わせください。離婚調停、慰謝料、財産分与、DV、養育費、婚姻費用、裁判例、解決事例、相談に関する情報はこちら。
ひとり親家庭医療費助成制度
離婚問題、男女トラブルは京都の弁護士|馬場充俊にお気軽にお問い合わせください。離婚調停、慰謝料、財産分与、DV、養育費、婚姻費用、裁判例、解決事例、相談に関する情報はこちら。
母子家庭日常生活支援事業
離婚問題、男女トラブルは京都の弁護士|馬場充俊にお気軽にお問い合わせください。離婚調停、慰謝料、財産分与、DV、養育費、婚姻費用、裁判例、解決事例、相談に関する情報はこちら。
就労支援
離婚問題、男女トラブルは京都の弁護士|馬場充俊にお気軽にお問い合わせください。離婚調停、慰謝料、財産分与、DV、養育費、婚姻費用、裁判例、解決事例、相談に関する情報はこちら。

 
HOME 弁護士紹介 弁護士費用 お問い合わせ ブログ